臨時休業のお知らせ

 11/18(土)たくらcanvasマーケット出店のため臨時休業。
 11/20(月)ー11/23(水)出張のため臨時休業。

 どうぞよろしくお願いいたします。

this is how we restore the furnitures

家具のリペア リペア・サンディング

ヴィンテージ家具のレストア(修復)の作業の中で最も時間と労力が掛かるのがサンディング、つまり「研磨」による傷、古い塗装の除去です。

研磨の仕方次第で仕上がりの美しさはがらりと変わります。ただし当店ではこの研磨により全ての傷を取り去る事=ベストな美しさとは考えていません。数十年の年月の中で生まれたキズや何度も塗り重ねられたオイルの奥行きのある色合い。それはその家具に刻まれた物語であり新品には醸し出す事のできない歴史の風格だと思うのです。

EPISOでは長年の家具に携わってきた経験から、耐久性に影響するものや味ではなくダメージと判断するものにつきましてはサンディングによる除去を行い、その身に刻まれてきた物語は否定する事無く、次の使い手であるお客様に受け継いで頂きたいと考えています。

塗装

買い付け時のコンディションにより、研磨による塗装の完全剥離を施す場合も多々あります。その場合においても僅かな傷を残す事で後に塗装するオイルがその傷に入り込んで美しい陰影を作ります。

そういった自然な経年変化のヴィンテージの味わい深さをご堪能頂ける仕上げにさせて頂いております。これらは本当に小さなさじ加減ではありますが、こだわる価値のあるものだと考えております。

塗装に付きましても、テーブルトップは水に強いオイル、フレームは数種類のオイルやワックスを重ね塗り、など状況により様々な組み合わせ、使い分けをしております。

その他、接着が緩んだ箇所の閉め直しやがたつきの調整、引き出しがスムーズに開くようパーツの製作、生地や内部クッション材の張替え等、次のオーナー様が長期にわたり快適にご愛用して頂ける様、メンテナンス作業は多岐に及びます。

それら1つ1つを怠る事無く最善を尽くす事が、新たに作る事のできない貴重な歴史の遺産であり高品質な暮らしの道具であるヴィンテージ家具を橋渡する我々の役割だと肝に銘じ、日々の業務に取り組んでいます。