VINTAGE FURNITURES

さあ、一緒に暮らそう。

EPISO original

ちょっと良いもの作ってます。

EPISO small gathering VOL.4「碧落のノスタルジア」

電線に切り取られた夕暮れの空を見上げた時。波間に見える小さな船を見送る時。そんなふとした瞬間に開く心の中のノスタルジーの扉の先にはいつも私たちが忘れていた何かが広がっています。目が合うたびにそんな体験に誘ってくれる趣深い品々やお店作りをされているショップ、ブランドが半世紀以上前のヴィンテージ家具を扱うEPISOの空間に集まり”いつかの私に会いに行く。”をコンセプトにしたイベントを開催します。それぞれのノスタルジーの扉の鍵を見つけにお越しください。

products with the story

"episode"の最後の音をとって”EPISO”

壊れる、とか捨てる、とか

その品物の最後のエピソードは次の人のために

取っておいてほしい。そんな想いで名付けました。

物語のあるモノ達と暮らす。

毎日を少しだけ美しく。

ずっとそこにあったかのように

そしてずっと先までエピソードを重ねていく。

何気なく、何気なく。

PICK UP COLLECTION

トライバルラグ

SERVICE

EPISOがお手伝いできること
Reupholstery

Reupholstery

椅子・ソファなどの張り替え
Resale

Resale

家具の委託販売
Bespoke

Bespoke

家具等のオーダーメイド製作
最近の店内の様子をチェック

EPISO realstore

物語のあるモノと暮らす。

元通りに直すばかりが正解じゃないと思ってます。

私たちがヴィンテージ家具を修復する際に大切にしていること。それは”物語を次の人へ”。

ヴィンテージ家具のレストア(修復)の作業の中で最も時間と労力が掛かるのがサンディング、つまり「研磨」による傷、古い塗装の除去です。
研磨の仕方次第で仕上がりの美しさはがらりと変わります。ただし当店ではこの研磨により全ての傷を取り去る事=ベストな美しさではないのかもしれない、と思っています。数十年の年月の中で生まれたキズや何度も塗り重ねられたオイルの奥行きのある色合い。それはその家具に刻まれた物語であり新品には醸し出す事のできないその家具だけが持ちうる風格だと思うのです。

耐久性に影響するものや味ではなくダメージと判断するものにつきましてはサンディングによる除去を行い、その身に刻まれてきた物語は否定する事無く、次の使い手であるお客様に受け継いで頂きたいと考えています。

bakery "luonto"

EPISO partner shop

焼きたてパンと雑貨をご提供しております。

福井市米松1−9−7パークサイド吉川1F